魅力的な女性になるための情報満載キュレーションサイト

後悔しない結婚に外せない5つの条件!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

みなさんこんにちは♪
東急沿線住まいのライターyukiです。

さて、女子はみんな気になる「恋愛」テーマですが、
今日は、結婚の条件について!
恋愛と結婚って・・・違うのでしょうか・・・orz

1. 尊敬や信頼できるかどうか

結婚生活は、順調な事ばかりではありません。健康や仕事上のトラブルや災害などもあります。そんな時に、お互いのことを信頼できるかは重要ですね。

また、何か不幸があった場合も、尊敬している相手なら、お互いに支え合うことができます。

結婚生活では、ドキドキするようなトキメキは、愛情に変わって、家族になっていきますので、尊敬や信頼でき、長く一緒にいることができる男性かどうかは、結婚相手の選び方のポイントです。

人として信じることができる人こそが、あなたの結婚相手にふさわしい男性の決め手になりますね。

出典:後悔しない結婚相手の選び方って?結婚の決め手やポイント10選 | TOPLOG
うまく行っているときは良くても、トラブルのときこそ、その人の度量や本性が見えるもの。
心の器の大きさや、信用できるかどうか、というのはかなり重要ですね!

2. 真摯に仕事に取り組んでいるかどうか

自分の仕事に誇りを持ち、真摯に取り組んでいる男性は、責任感があるので結婚したあともあなたのいいパートナーになるでしょう。

結婚を考える女性は、ついつい彼の会社や職業を気にしますが、それよりも大切なことは「彼の仕事に対する姿勢」です。

男性は女性よりも社会的な生き物ですので、彼の仕事に対する姿勢=彼の人生に対する姿勢だと思って間違いありません。仕事を頑張らない男性は、人生に対していい加減で責任感がないとも言えるでしょう。もちろん、結婚や家族に対しても同様です。

出典:【婚活コンサルタント監修】後悔しない結婚相手の選び方|「マイナビウーマン」

ついつい、女性は相手の職業や年収を条件に選んでしまう方も多いかと思います。
しかし、それ以前に、その仕事に対する姿勢が大事ということ。

せっかくいい企業に勤めていても、やる気がなかったり、後ろ向きな発言ばかりしている男性には
ちょっと冷めてしまいますよね。
気になる男性がいたら、まずは仕事の話を色々と聞き出してみるといいかもしれません!

3. 素直かどうか

結婚相手の選び方でまずは素直な人間かどうかということです。素直というのは何でも相手のいうことに従順になることではありません。素直というのは視野が広く新しい情報を柔軟に受け入れ、自分で考えて判断できることです。

出典:後悔しないために!結婚相手の選び方で絶対確認すること4つ – まりおねっと

素直な人は、例えばケンカしても自分の過ちを認め、相手に謝ることができますよね。

見極めるときは「べき」が多い人じゃないか見てみましょう。素直じゃない人は「こうあるべき」が強いので、自分の価値観を人に押し付けがちです。

結婚して夫婦生活を送っていても、「妻はこうあるべき、母親としてこうあるべき」という価値観を押し付けてきます。お互いが未婚で恋愛関係のときはさほど気にならないかもしれませんが、夫婦関係となると話は別です。

今や夫婦の形は千差万別で、それぞれが自分たちの家庭の形を探していく時代です。素直じゃない旦那と一緒だと、価値観の違いから喧嘩になることも多くなるでしょう。

失敗しないように相手の男性が会話中に「べき」を多く使うかどうかに注目です。

日本人には、このようなタイプは多いかもしれません。
厳しい環境で育ったり、完璧主義になってくると、つい模範的に生きようとしてしまいがち
価値観は人それぞれなので、そこにとらわれずお互いを尊重できると最高ですね!

4. 第三者へ横柄な態度をとらないかどうか

店員さんやタクシーの運転手さんに横柄な態度を取ってないかどうか。

横柄な態度を取る人は、感謝や思いやりの心が欠けている人です。

出典:【婚活コンサルタント監修】後悔しない結婚相手の選び方
知り合い同士のときは普通なのに、第三者が入った途端、急に上から目線で偉そうな態度を取る人
時々いますよね・・・要注意です!

5. お互いに話し合いができるどうか

お互いにきちんと話し合いができるかどうかは、実は結婚相手の選び方のポイントです。

・すぐ感情的になって話し合いにならない
・黙ってしまったり無視をする
・お互いに責め合ってしまう
・意見を言い合うことを避けてしまう

など、問題を冷静に話し合うことができる相手や関係かどうかは重要です。お互いの意見をきちんと聞くことができるかは大切ですね。

何事も、話し合いによって解決の糸口が見つかることもあります。
冷静な対応ができる大人の人なら、たとえ意見が分かれても、
お互いを尊重した最適な解決案へ導くことができるでしょう。

 

まとめ

結婚相手の選び方を紹介してきましたが、その時に気をつけたいのは「この人は自分を幸せにしてくれるかな?」という考えを持たないことです。

自分の幸せを他人に委ねるのではなく、「誰と幸せを共有して生きたいか」を考えましょう。自分が幸せを感じている隣にいて欲しい人は誰ですか?そう考えれば目くじらを立てて相手を確認する必要がありません。自然とあなたが一緒にいたい人が分かってきます。

恋愛の延長戦でパートナーを選ぶと、ときめきやドキドキの感情を優先にしてしまいがち。
しかし一生を共に過ごす結婚相手は、人間性や価値観、相性など、
現実的に生きる上での判断基準となってきます。

幸せになれるかどうかは、あなた次第。
時にぶつかったり励ましあいながら、素敵なパートナーを見つけてくださいね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COSMOS ーコスモスー , 2019 All Rights Reserved.