魅力的な女性になるための情報満載キュレーションサイト

来年こそは彼氏とクリスマスを過ごしたい!でも、自分に「自信がない!」女子へのヒント!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

 

【1】まずは形から!自信を持っているときの[体の状態]をつくる!

何をするにもあなたは自分の体を使っているのです。

これは厳然たる事実であり、これからの人生も体と共に生きることには変わりありません。

自分の体を知ることは、自分の心を知ることにつながります。

「こんなときに実は緊張を感じていたのか」「だから、苦しく感じていたのか」と。

このように自分を不利な状態に貶めるネガティブな反応を知るほど、有利な状態を特定できるようになります。

つまり、「どうあったら自分が居心地良くしていられるのか」を知れるようになるのです。

これを知っていると百人力です。プレッシャーだけでなく、ストレスも受け流しやすくなります。

どういう環境でも、自分の居心地の良さを維持し続けられるのですから。

頭、首、脊椎などを中心に「体の使い方」を調整することによって、【自信を持っている】体の状態をつくってみましょう。

自信がない状態を示すとしたら、
首が固まり、頭が胴体に近づき、背中が縮こまり、体が萎縮した状態です。

脳は、体が得た(知覚)情報から、『今こういう状況なんだ』と認識します。
ですので、セルフイメージが高まるように体を整え、意識的に姿勢を変えて、セルフイメージを高め、自信を持つ手助けにしていきましょう。

【2】自分の強み(長所)をベースにする!

自分の強みをベースに生きないと常に不安定な状態で自分に自信は持てないということが明らかになっています。

メンタリストDaiGoも自信を高めるには強みをベースに生きることと自身のyoutubeで語っていましたが、強みをベースに生きることで幸福度が上がり抑うつ傾向が低下したという研究結果もあるほどです。

強みは1つだけではなく、3つ見つけてください。その3つの強みで支え合うことが大切です。

理由は、1つだけだとそれが折れてしまったときに立ち直れなくなるからです。1つに依存してはいけないということですね。

メンタリストDaiGoの強みは「好奇心」「表現力」「常識がない」だそうで、この3つを軸に生きることで自分に自信を持てるようになり、結果的に成功できるようになったそうです。

先に成功して自信がついたのではなく、自信がついて、結果的に成功できたというのもポイントですね。

成功者の多くは成功する前から自分に自信を持っていたがあきらかになっています。

ここで強みについて大事なのが、強みというのは努力して手に入る強みではなく、自分を特徴づける強みであることです。なぜ?を繰り返し見つけることができる、自分の内側にあるコアな強みです。

このコアな強みを3つ見つけることが、自信を高める第一のSTEPです。そして、その強みが日常生活や仕事で活かされているかを考えてください。

【3】自分の”強み”の見つけ方!

その1

自信を持って、これが長所だと言える人は意外と少ないもの。普段の生活で自分の長所について考えることはあまりないかもしれません。

まず、あなたが苦労せずに「当たり前」にできていることを探してみるのが長所を見つける近道です。
難なくこなせることの中に、あなたの「長所」が埋もれている可能性があります。
例えば、あなたが誰とでもすぐに親しくなれるとしたら、それをできない人から見たら、それはあなたの立派な才能として映るでしょう。

当たり前にこなしているからこそ、自分では気付きづらく、長所と結びつかないことは多々あります。
もし、自分でなかなか見つけられないのなら、親しい人に聞いてみるのもおすすめ。特に「これが長所と言っていいのか自信がない…」と思っているのなら効果的です。

その2

自分の長所がわからなくても、自分の短所はたくさん知っているって人いますよね。わたしも昔は「自分にはダメなところばかりだ。良いところなんてない」って思ってた人間でした。

でも短所って、ちょっと捉え方を変えれば一気に長所に変わるんですよ。

たとえば

「飽き性」が短所だと思っている人

飽きっぽい=いろんなモノに目がいく=たくさんのことに興味を持つ=好奇心旺盛

「頑固」が短所だと思っている人

頑固=人の意見を聞かない=自分で決めたことを突き通す=自分の軸がしっかりしている

「何でも切羽詰まらないと行動できない」が短所だと思っている人

いつもギリギリで行動=必死で最後間に合わせようとする=瞬間的な行動力&集中力がずば抜けている(もしくは”追い込まれるプレッシャー”に強い)

この例もほとんどわたしが短所だと思っていた部分ですが、別の視点からみると自分の長所でもあることに気づきました。

この捉え方ができるようになると、自分の短所すらも活かしていこうと前向きに動けるようになります。

 

まとめ

長所を見つける一番のメリットは「自分の強みを活かせる環境がわかること」。そして「その環境で活躍できることで、自分の幸福感に直結していく」ことです。

これはわたしがいま本当に実感していることですね。「何やってもうまくいかないダメな自分」が、環境を変えたことで「ダメなところも強みにできる」という自信を持つことができたのはかなり今後の人生に影響を与えると思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COSMOS ーコスモスー , 2019 All Rights Reserved.