魅力的な女性になるための情報満載キュレーションサイト

これはおさえておきたい!!モテ女が絶対にやらないこと!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

みなさんこんにちは♪
東急沿線住まいのライターyukiです。

さて、女子はみんな気になる「恋愛」テーマですが、
今日は、フリーの方必見!?男性にモテモテる女性の特徴です!

【1】モテる女性は悪口を言わない!

モテる女が絶対にしないことの1つが、「他人の悪口」です。

特に、その場にいない人の陰口を叩くような真似は絶対にしません。

一昔前なら、美人は性格が悪いとか、男性からモテる女ほど女性から嫌われているというイメージがありましたよね。

ですが、現在ではどんなに美人でも、性格が悪くてはモテる女になることはできません。

なぜなら、今の時代は化粧品やエステなど、美容業界の進化により、誰でもそれなりにキレイになったり、可愛くなることができてしまうから。

そんな中で、他の可愛くてキレイな女の子よりも秀でた存在になるには、やっぱり中身がキレイではなければならないのです。

そして現在の男性は、そんな中身の美しさまで、見抜けてしまう目を持っています。

そのため、あちこちで他人の悪口を言ってしまっているような女性は、男性からも女性からも避けられるようになってしまうというわけですね。

人に対してもつネガティブな感情は、気持ちの良いものではありませんよね。
そういったものを持つ自分にもいつか嫌気が刺すかも・・・
きれいな言葉を発することが、内側を磨くことにも繋がるのですね

 

心がキレイかどうかは、見た目にも表れてくるものです。

他人の悪口ばかり言っていれば「性格が悪そうな顔」になってしまいます。

絶対に人の悪口を言わない「モテる女」は、心のキレイさも、顔に出てくるからこそ、多くの男性に好意を持ってもらいやすくなるというわけです。

自分の口から出た悪口は、自分自身の耳にも入り、脳が「自分に言われている」と錯覚してしまうという説もあります。

「あの子、可愛くないね」と言えば、自分自身に「可愛くない」と言っているように錯覚し、マイナス思考に陥ってしまう可能性もあるのです。

モテる女になりたいのなら、「あの子、キレイだよね」「あのスタイル、憧れるよね」など、他人の良いところを見つけて、褒めることをクセにしてみましょう。

すると、知らず知らずのうちに脳も「自分が褒められている」と錯覚して、自分に自信が持てるようになり、キラキラ輝く「モテる女」に近づくことができるでしょう。

おまじないのようなものかもしれません♪

【2】モテる女性は出過ぎない!

現代の女性は、男性にも負けないくらい社会で活躍しており、前へ前へと出るタイプの方も増えていますね。

仕事のデキる女性、相手が男性でも臆することなく立ち向かっていく女性・・・

これはとても、かっこよくて素敵なものです。

ですが、モテる女の条件としては、ちょっとイマイチな部分があります。

日本では、古い時代には「女は男の3歩後ろを歩く」なんてことが言われてきました。

今の時代にこのようなことを言っていると、「時代遅れ」「男女平等の時代」と非難されてしまいかねませんが、やっぱり男性の心の中には、このような考え方が深く根付いている部分があります。

「女性に上に立たれると不愉快」「プライドが傷つく」と感じてしまう男性は少なくないのです。

そのため、前へ前へ出過ぎる女性というのは、なかなかモテる女にはなりにくくなってしまうのですね。

モテる女に必要なのは、「控えめな態度」です。

もちろん、仕事で頑張らなければならない時に、わざわざ控えめな態度を取る必要などありません。

ですが、「ここは男性を立てるべきところ」というタイミングをしっかり判断して、控えめな女性になるのは、モテる女として非常に有効なのです。

逆に飲み会の席や、男性に任せておくべき仕事などの場面でも、「私に任せて!」と出過ぎてしまうと、恋愛対象としては見てもらいにくくなるでしょう。

頼りになる女性は、ある程度まではかっこよくて素敵です。

ですが、度が過ぎると「出しゃばり」のように思われ、特に男性が引いてしまう可能性大なので要注意です。

現代は男女の価値観やライフスタイルも変わってきて、女性の姿に大きな変化があります。
ただし、男性だって本当は女性を守れる立場に立ちたいはず。
本来の女性のあり方を考えると、控えるところは控え、男性を立ててあげられるのも魅力になります。

 

モテる女は、しっかりとしたプライドを持っています。

一見、控えめなように見えるけれど、実は芯がしっかりしていて、決して自分を安売りするようなことはしないのです。

モテる女ですから、それなりに男性が集まってきたり、告白されたりといった機会も多いでしょう。

ですが、大勢の男性に声をかけられても、たとえフリーのタイミングであっても、簡単にOKすることはありません。
自分が付き合うべき相手を吟味して、「この人なら!」という相手とだけ、付き合うのです。
男性は狩りをしたい習性がありますので、簡単に付き合える女性よりも、なかなかつかまらない女性の方が惹かれる傾向があります。
簡単には付き合えないからこそ、多くの男性が「我こそは!」と追いかけたくなってしまうのですね。
どんなにキレイでも、可愛くても、自分を安売りしてしまう女性はモテる女にはなれません。
プライドを持ち、本当に好きな男性だけを「選ぶ」ことができるような女性になりましょう。
ただし、「高嶺の花」になり過ぎてしまうと、逆に男性が近づきにくくなります。
適度な親しみやすさを持ちつつ、プライドを保つことが大切ですね。

出典:モテる女が絶対にしないこととは!?ご法度を知ってモテモテに! | KOIMEMO
自分に見合った男性と付き合うためにも、
自分の魅力を、客観的に知っておく必要があるかもしれませんね

 

【3】モテる女性は相手を縛り付けない!

どんなに束縛をしたり相手に自分の理想を押し付けても、浮気をする時はします。ですので、女はそれを受け入れなければならないこともあるんです。

もし浮気をされないようにしたい場合は、いつでも相手を縛り付けるのではなく自分がより魅力的でい続けることが大切なのです!

人とお付き合いするのってなかなか簡単ではないのですが、女子のみなさんは自分が相手にどう思われたいか、どんな関係を築いていきたいかで自分のあり方を変える必要があるのです。
大変ではありますが、それが最終的には自分のためになると信じて、投資だと思うことも大切です。

もし自分に魅力があれば、相手の男性もまたこちらに戻ってきてくれます。
相手を罵倒するだけでは心身ともに疲労するので、相手を本当に好きなら、信じて待つのもひとつかと思います。

 

【4】モテる女性は下品な所作をしない!

・「男みたいな乱暴で汚い言葉使い」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「品のない振る舞い。愛嬌が全くない」(25歳/学校・教育関連/専門職)

・「大口を開けて大笑いする下品さを見せない」(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

モテる女性は汚い言葉づかいや、大口を開けて笑うなどの下品な振る舞いもしなさそうです。常に男性から見られているという意識を持っていれば、このような振る舞いは自然と控えますよね。

見た目のみならず、普段の所作や言葉使いにも気を抜いてはいけません。

 

【5】モテる女性はヒステリックにならない!

女性特有の感情である「ヒステリック」は生理前などの体調などで左右されやすいものなのですが、それって女性同士にしか理解できないみたい。

男性はヒステリックになることはほとんどないせいか、女性のどうしようもない怒り、悲しみ、イライラをどうすることもできないし、それを見れば見るほど萎えてしまうのです。

コントロールできないのが感情なのですが、できるだけ自分で消化、対処できるように気をつけなければなりません。

まとめ

モテる人というのは、男性も女性もただ見た目が良いわけではありません。
むしろ内面から醸し出されるオーラや、話し方などの所作や表情によって、その人自身を形成していると言えます。

一緒にいると楽しい、面白い、そばにいたい、そう思わせるのが魅力的な人の証。
それは自分自身の努力によって、磨かれる部分も大きいのではないでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COSMOS ーコスモスー , 2020 All Rights Reserved.