魅力的な女性になるための情報満載キュレーションサイト

婚活女子が知っておくべき一流の男性が結婚相手に望む3条件!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

みなさんこんにちは♪
東急沿線住まいのライターyukiです。

さて、女子はみんな気になる「結婚」テーマですが、
今日は、狙え玉の輿!!結婚に最適な「ハイスペ男子」をゲットする方法です♪

 

 ☆ 彼らがなぜ、一流になることができたのかを知る!

一流の男性に愛されるには、彼らがなぜ、一流になることができたのかを知ることがカギになるのです。

そのルーツにヒントがあるのですね!!

 

【1】聞き上手

一流の男性には、仕事に対する強い思いがあります。「社会で、どうしてもこれを成し遂げたい」「自分は、このために生まれてきたのだ」と思えるほど、軸となる強烈な思いです。

核となる思いが強いからこそ、魂を注ぐような仕事ができ、社会でそれを体現できるのです。

そんな彼らが求めているのは、「話をよく聞いてくれる女性」です。

一流の男性には、信念があります。熱い思いがあります。
魂を注ぐほどの思いに、耳を傾け、共感し、応援してくれる女性を心から愛おしいと感じるのです。

相手は一流の男性。人を見る目に長けています。「すごーい」「すてきー」と、上っ面な相づちを打っている場合、その薄っぺらな心を簡単に見抜いてしまいます。姑息なテクニックは、通用しないということです。

大切なのは、心を捧げて話を聞くこと。

興味を持ち、心を傾けて話を聞くことで、相手の思いをしっかりと自分にも落としこむことができます。

相手の思いを理解しようという気持ちが本物なら、それは男性にも伝わるもの。自分も、その思いを知ることで、ますます相手が好きになります。

二人の思いが共鳴することで、一流男性との仲を深めることができるのです。

つい女性はおしゃべり好きな人が多いですが、
聞く姿勢というは、相手を理解しようという心の表れでもあり、そんな献身的な姿がハイスペック男子に響くのでしょう。

【2】依存しない!

一流の男に求められるには、依存しない、つまり自立しているということは欠かせません。

中途半端な男性であれば、あなたをたやすく依存させるでしょう。
しかし、レベルの高い男性ほど、あなたを決して依存させたりしません。
それはつまり、あなたに自立できるだけの力が必要になってくるということ。

自立している女性になること。それにはまずあなたが立とうとすることから始まります。
か弱ければいい♡なんて甘い考えでは、その程度の男性としかお付き合いできなくなります。

人は、同じ波長を持つ人を引き寄せるといいます。

「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、自分の考え方やあり方が変わると、お付き合いも変化します。

一流の男性にふさわしい淑女になるには、自分も彼らと同じ波長を持っておくことが大切です。

それは何も、ステイタスを持つとか、社会で成功するということではありません。

自分の軸となる思いを大切にし、心を注いで打ちこめることを見つけることです。

一流の男性ほど、一生懸命何かに取り組んでいる女性を応援してくれます。

話をするうちに男性との距離が縮まり、恋愛に発展することだって大いにあります。
ぜひ、自分の思いと向き合い、あなただけの人生を、大切に過ごしてください。

自分の人生の目的を持っているということは、しっかりとした考えもあるということ。
パートナーに頼る生き方は、相手からすると負担になりますよね。
男性を支えられるくらいの器量をもった女性になるためには、
自分自身でも道を切り開けるパワーやメンタルが必要なようです。

【3】気持ちを読める

一流の男は、自分の気持ちを理解できる女性、つまり「自分の強みと弱み、それに良いところと悪いところ」を知っていてくれる女性を、絶対手放しません。

これだけは、たとえ肉体関係を持った女性であっても、自分のことをすべて知っているとは限らず、表面的なことしか知らないことが多いです。

男の一挙手一投足を見ただけで、自分の気持ちをすべて分かってくれる女性など、そんなにいるものではなく、そういう女性に巡り合えることも少ないのです。

だから、男は、そういう女性を自分にとって非常に貴重な人と思い込むのです。

彼が今どんなことを考え、何を欲しているのか、彼が考えている以上に把握することが大切ですが、それだけでは、男の心をすべて知ったことになりません。

一番良いのは、彼の心の中でしっかり握っている、彼だけの「ポリシー」とか、他人に見られたくない「弱さ」とか、あるいは、自分だけにしか分からない「こだわり」などを、指摘されますと、「本当に自分のことを知ってくれているのは、こいつだけだ」と思って、非常にうれしくなるものです。

人間は、自分を理解してくれる人のためには、命さえ投げ出す不思議な生き物なのです。

ハイスペック男子になればなるほど、周囲は一目置き、ご機嫌取りが多くなります。
自然と本音で話せる人が少なくなってくる中、本人に正面からいいことも悪いことも
正直に物申すことができるような女性は、貴重な存在となるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
小手先だけのテクニックだけでは一流の男は手に入りません。
大物をゲットしたいなら、自分もそれに見合った素晴らしい女性になることが先決です!
相手に求める一方ではなく、自分磨きを行って、ハイスペ男子から興味をもたれるような素敵なレディになりましょう♪

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COSMOS ーコスモスー , 2020 All Rights Reserved.