魅力的な女性になるための情報満載キュレーションサイト

急に気になった・・・ホップ・ステップ・ジャンプの「ホップ」ってどういう意味!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

 

【1】ホップ=「hop」の意味

[Cambridge英英辞書より]

to make small jumps on one or two feet, or to move along in this way:

意味→片足または両足で小さなジャンプをする時、または同じ方向に進むとき

どんな時にホップを使うか?

・人間がホップする場合は、片足で「けんけん」するときに使います。

・動物がホップする場合は、両足(もしくは全ての足)で軽く「ぴょんぴょん」と動くときです。例えば、うさぎやカンガルーはホップしますが、トラはホップしません。

[hop] to move by jumping on one foot
(LDOCE)

hop は「ひょいっ」という感じ。

 

【2】ホップ・ステップ・ジャンプの語源は三段跳びの・・・

三段跳びはホップ・ステップ・ジャンプの三歩で、その距離を競う種目です。

もともとは、水たまりをできるだけ少ない歩数で跳び越える古代アイルランドの技くらべが、競技化したといわれています。

管理人は、ホップ・ステップ・ジャンプにはトリビア的逸話があるのかも、と思っていましたが、「じゃん・けん・ぽん」と同じように、アイルランドの子供達が「ホップ・ステップ・ジャンプ」と掛け声をかけながら水たまりを飛び越えていた、単なる掛け声だったのかもしれません。「ホップ」に深い意味はなさそうです。

【3】日本的使われ方、意味合いはこんなかんじ⁉

事業に当てはめると、ホップは準備や環境整備やらで、ステップで次に大きく飛ぶための仕込みや切っ掛けがあり、ジャンプでそれを大きく花開かせる、という感じです。

hop は「ひょいっ」という感じ。

それに比べると、step はなにやら「進もう」「こちらの方へ行こう」というような力強さを感じます。

jump

膝を曲げて地面を押す。そして、空中に飛び出す。

なんだか、自分の力で飛び出すっていう感じがします

【4】三段跳びのホップの役割

三段跳びの難しいのは、助走後の踏切線から三つの跳躍の最後の着地点までの距離を測定して、勝負を決めることにあります。

勝つためには自分の運動能力を熟知して、三つの跳躍のバランスを取ることが大切です。

はじめの「ホップ」に力を入れ過ぎると、あとの「ステップ」「ジャンプ」の二つが小刻みな跳躍になり、結果として距離が伸びなくなり、負けてしまいます。

出典平成20年 年頭挨拶|富山大学

上級者の三段跳を考えてみれば良いと思いますが、できる人の多くは「ターン、ターン、ターン!」とバランスの良いリズムで跳躍しています。他方、ホップを高く大きく跳ぼうとする初級者の場合、「ターーン、タターン」とステップがジャンプのための踏切準備のようになってしまいます。

これは、ホップで高く飛びすぎたがために、ステップで前に進むための踏切動作をとれないことが原因です。

では、どうやってホップを跳べば良いのでしょう?

ぼくは、「前に駆け抜ける」感覚が重要だと考えています。特に「上に」ではなく「前に」を強く意識することが重要です。前方に並行移動してあげるくらいのイメージで良いです。

走り幅跳の踏み切りは飛び出しの角度も意識するために踏み切り前と踏み切り後の腰の高さは変わりますが、三段跳びはスピードを生かして前に跳躍するため、腰の高さはあまり変わりません。。”前方に飛び出す”意識でホップを行うと、スムーズに進むことができます。

【5】走り幅跳びにまつわるトリビア

織田 幹雄

1928年アムステルダムオリンピック三段跳金メダリスト

日本人初のオリンピック金メダリスト」であり、アジア人としても個人初のオリンピック金メダリストでもある

当時英語で「ホップ・ステップ・アンド・ジャンプ」(現在はトリプルジャンプ)と呼ばれた競技名を「三段跳」と訳した

織田の優勝は大会関係者が想定できず、他国の旗より4倍の巨大な日章旗が表彰式の国旗掲揚で使用され、君が代の吹奏も運営上準備が整っておらず「千代に八千代に」と途中から行われた[1]。

この大会時にはまだ表彰台は用意されておらず国旗の掲揚による表彰のみで、表彰台が用意されるのは次のオリンピアードのロサンゼルス大会から。

織田によるこの時の三段跳び優勝記録、15m21cmは1964年東京オリンピックを開催した国立霞ヶ丘競技場に立てられた「織田ポール」の高さとして採用され、同競技場の解体まで存在していた。

 

まとめ

・ホップは、片足でケンケン、もしくは小さな軽いジャンプ。例:うさぎやカンガルー

・ステップは、一歩前に踏み出す動作を表す単語。

・ジャンプは、両足で踏み込んで飛び上がること。

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COSMOS ーコスモスー , 2020 All Rights Reserved.