魅力的な女性になるための情報満載キュレーションサイト

凛とした素敵女子になる!持つべき「プライド」・手放すべき「プライド」の見きわめ方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

 

【1】「プライド」とは

プライドは自尊心とか、自負心と呼ばれる感情

プライドとは、「自分が自分をどう思うか、感じるか」ということです。

他人がどう評価しようが、関係なく、プライドは自分自身の問題ということがここから分かります。

自尊心は、自分が有能であるといういわゆる自信と、自分に価値があるという自尊の2つの要素から成り立っている

 

 

【2】プライドの育まれ方

その起源には、幼いころに大人から尊重され、価値を認められたか、励まされたかといったことがある[2]。しかし、最も重要な影響があるのは、自分自身で選択したということである[1]。言い換えれば、自分の可能性を実現したいという気持ちから、生き方を変えるということから自尊心が育まれていく[1]。

【3】自分を支える、大事なプライド!

プライドは、私たちが日々仕事をしたり、生きていく上でとても重要なものですよね。なぜなら、プライドは、自分の自信を支える基盤であり、自分を高めていく原動力にもなるものだからです。

自分に自信があって、価値があると思うからこそ、それを発揮するためにリスクを取るような行動が出る可能性があります。

自分に全く自信がなく、価値がないと感じていると他の人と違う行動だったり、大胆な選択はできないものです。

例えば、「これまで色々経験していく中で、どの困難も努力で克服してきたという自信と有能感があるので、次はもっと難しいことにチャレンジしよう」、という感覚です。

 

【4】邪魔になる、いらないプライド!

他の人からどう思われるか」という第三者からの評価を気にする場合は、むしろプライドの高さは裏目に出る

自分は実は価値がないと「自分自身で気づく」もしくは「周りがそう思う」ような行動には二の足を踏んでしまう可能性があります。

例えば、「本当は分からないのに、分かるような振りをする」「失敗をしたのに失敗を認めようとしない」「本当はやりたいことがあるが、社会的地位を気にするあまり一歩踏み出せない」などは、どれも周りからの評価を気にするあまり、行動に移せない事例といえます。

もし、他人の評価に基づいて形成されたものであるならば、そのプライドは捨てた方が良いでしょう。

プライドを守るために周囲に対して攻撃的になったり、他者を犠牲にするようであれば、そのプライドは自分を苦しめています。捨てても問題ないプライドといえるでしょう。

一時的にプライドが満たされても「つねに不安(根本的に自信がない)」な状態が続いているようなら、うつや社会不安障害など、精神疾患への注意が必要です。プライドのせいで人間関係に支障をきたしたり、自分がつらいと感じるようなら、そのプライドは不要だと考えましょう。

誰もが持っているプライドですが、それが自分を頑なにしてしまうようなら、むしろ邪魔になってしまいますよね。ポジティブに前へ進もうとする力が働かないプライドは一早く手放したいものです。

【5】 いらない「プライド」の捨て方

【5】-1活動範囲を増やし、様々な価値感に触れる

今いる自分の世界はとても狭い世界かもしれないということをまず理解し、認識しなければいけません。

自分が評価されている世界は、とても狭い世界でしかない。

価値基準はその他にも沢山あり、その価値によっては自分は全く評価されない、自分は特別ではないということを理解する経験が必要でしょう。

 

 

【5】-2あえて、居心地の悪い環境に自分の身を置く

自分の力ではコントロールできないような現実を受け入れなければいけない経験を詰むことはとても大切です。

自分はこれまで特別、有能だと思っていたが、実はそうではないと感じられるような環境にあえて身を置くという経験です。

筋肉が一定の負荷をかけて超回復を通じて成長するように、あえて居心地の悪い環境に飛び込むのです。

この経験は、辛いし、これまで他人の評価を気にしていてプライドを保っていた人からすると、大変居心地が悪い環境です。

ここで逃げずに現実を受け止めて、自分でコントロールを取り戻す経験が貴重な経験となります。

【5】-3いつもよりほんの少し腰を低くしてみる

周囲の人に認めてもらうというのは、日々の感情コントロールにとって大事な条件です。

だからといって、「認めさせてやる」という態度や気持ちは逆に感情のコントロールを難しくするということは、ぜひ頭に入れておいてください。

日々の習慣として、いまよりほんの少し腰を低く構えてみることです。自分より年下の人間やキャリアの浅い人間、立場の弱い人間に対して、意識して丁寧に接することや話を聞く態度を心がける、彼らや彼女たちのほうが詳しそうな分野は教えてもらう、その程度で十分です。たったそれだけのことでも相手の感情が変化します。あなたに対していままでなかった親しみや好感が生まれます。

「なめられるんじゃないか」とか「なれなれしくされても困る」とは考えないでください。それでは偉ぶりたい気持ちに戻ってしまいます。あなたのほうが上の立場なら、いまさら偉ぶらなくてもいいのです。

周囲の人間に対してずいぶん楽な気持ちで接することができるようになるはずです。しかも好意的な態度を示す人間が増えてきます。それによって自己承認の欲求も満たされるのですから、日々の感情生活ははるかに明るいものになってくるのです。

【6】小さな結果を積み上げていく

[/imgshadow]

着実に行動することで、少しづつ結果を得られるようになるでしょう。小さな結果を積み重ねていくことは、同時に小さな自信を積み重ねていくことです。

少しづつでも小さな結果と自信を積み重ねていくと、やがて大きな結果となり周りからの評価や認知につながります。それはきっと、とても大きな自信を与えてくれるでしょう。気がつけば邪魔なプライドなど消えてなくなっているはずです。

まとめ

前だけを見つめて、こうと決めた道をまっすぐに進むように、自分の生き方にプライドがある人はとても素敵に見えますよね。

絶え間なく努力を重ね、それを確かな自信につないでいくことで得られる本物のプライドは、足かせとなるような負のプライドの存在を忘れさせてくれるでしょう。

本物のプライドを持って自分らしく輝くことができたら、とても素敵なことです。

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© COSMOS ーコスモスー , 2020 All Rights Reserved.