魅力的な女性になるための情報満載キュレーションサイト

サー、今年はいい年にするぞー!!幸せ女子になれる新習慣!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

 

まずはこちらのサイトで断舎離診断してみよう!!

 

 ✰ 早速、断舎離開始!!

【1】-1「着ないけどなかなか捨てられない服」を捨てる!

捨てる時期を明確に決める

「1シーズン着なかったら処分しています」
「1年以内に使っていなければ捨てる」
「もう使わなくなったら捨てます」

ずるずると「いつか着るかもしれない……」を根本から断つなら捨てる時期を決めること。

1年着なかったものや、去年気に入って着ていた夏物でも今年着なかったもの。きっと「年齢になんだか合わない」「気分じゃない」「去年流行りすぎていて今年着られない」など、着ない理由があったはず。今年着ないものは、来年も着る可能性は低い。
でももしかしたら来年は着るかもしれないと思うなら、せめて「2年着た記憶のないものは捨てる」と決めてみる。きっと、着ません。

【1】-2ひとつ買ったらひとつ捨てる

「ひとつ買ったらひとつ捨てる」

「新しいものを買ったら、過去3か月の間に使っていないものがあればそれを捨てる」

できれば理想なのはここ。「ひとつ買ったらひとつ捨てる」。もしくは、「ひとつ捨てたらひとつ買ってもいいと自分に許す」。どちらが先でもいいですが、必要な服の数って、たいていの人にとってはそこまで多くないはず。「自分はこのくらいの量があれば着回せるかな」と思ったら、それ以上はもう増やさない!を自分内ルールに決めれば、クローゼットはいつもすっきり。

 

 

【1】-3そのとき着ない理由があるなら、潔く処分する

「シワになりやすくて着づらいと思った服や、なんかデザインが古い、と思った服はその後も着ない可能性が高いので処分します

「年齢的に厳しいと思って着ないと思った服は、今後の人生ではもっと厳しくなっていくので捨てます」

 

 ✰ 「大好きで数を減らすのが難しい靴」の断捨離!

【2】アイテムにつき2足持つ。

サンダル×2
スニーカー×2
パンプス×2
ブーツ×2

1アイテム1足だと、劣化が早いしオシャレが楽しみづらい。

でも2足ずつなら上の画像のように一目で管理できる数に収まる上に

オシャレの幅がぐっと広がったり、TPOにも対応しやすいメリットがあります( ´ ▽ ` )

 

【3】元靴屋さんのおすすめ断舎離

7足以下にしぼらない方が良い

雨の日用(雪も兼ねる)
スニーカー
パンプス
サンダル(夏用)
ブーツ(冬用)
これを1足ずつ持っていたとしたら、もうすでに5足となります。

毎日同じくつを履かないようにするために、自分のライフスタイルに必要なジャンルのくつを1足増やしてみてください。

例えば、仕事はパンプスが多くて、普段スニーカーを履くOLさんの場合。

パンプス×2足

スニーカー×2足

他 各×1足で合計7足になります。

そうなると、やはり最低でも7足は必要になるのです。

健康に、健全に、常識的に、靴のことも思って(笑)生活するとなると7足はないといけないということになるのです。

【4】必要な靴もある!

黒のパンプス

大人としてちゃんとした黒のパンプスは必要ですからね。

お葬式は突然。それだけは分からない事ですので、恥ずかしくない物をちゃんと用意しておこう、と思います。

あとは、仕事等で、急にしっかりした服装が必要になった時も黒のパンプスがあれば1年中対応できますし、まず、失礼にあたることはないでしょう。

もう減らせないなーと思っても、ちゃんと物に向き合うとまだまだ手放せる物はあるし、必要な物を持っていない事にも気が付くんだなーと思いました。

これ、物が多かったら気が付かない事だったと思います。

ある程度、物が減ったから、気が付けたことかも。

いざ、と言う時に、焦って変な物を買わないように、黒のパンプスは用意しておこう

 ✰ 「手のつけにくい雑貨」の断舎離

【5】2つの捨て基準

[/imgshadow]

断捨離ルールは、それまで使っていた、

1. 今使っていないものは捨てる。
2. ダブっているものは捨てる。

という2つのルールに、あらたに以下の2つルールを加えました。

3. ほかのもので代用できるものは捨てる。
4. 欲しくて手に入れた物じゃない物は捨てる。

すべて雑貨を捨てるとき、効力を発揮する基準だと思います。

欲しくて買ったものでもうまく使いこなせないのに、欲しいと思ってなかった物を上手に使うのは困難です。

私も昔はおまけと言われれば、尻尾を振る犬のごとく、何でも喜んでもらっていました。

その結果、インクの出が悪い、書きにくいボールペンを使いつつ、引き出しの中には、新品(粗品やおまけだけど)のボールペンがぎっしりという状態で暮していました。

気に入らない物を使っても楽しくありません。

別に欲しいと思っていなかったものでも、いったん自分の物にすると愛着が生まれ、価値が生じてしまいます。そして、「せっかくもらったから使わなきゃ」と自分に強いることに。

入手すると自分にとって価値が出てしまう気持ちを授かり効果と呼びます

欲しくもないのに、家に入れてしまったものはできるだけ早く処分したほうがいいのです。

まとめ

もう減らせないなーと思っても、ちゃんと物に向き合うとまだまだ手放せる物はあるし、必要な物を持っていない事にも気が付くんだなーと思いました。

これ、物が多かったら気が付かない事だったと思います。

ある程度、物が減ったから、気が付けたことかも。

いざ、と言う時に、焦って変な物を買わないように、黒のパンプスは用意しておこう

まとめとコツは4つ
場所ごとに出してきて、カテゴリーごとに取り掛かる
集められるものは集めて一つ一つ
集められないものは同じカテゴリーのところに移動させておいて後でまとめてやる
すでに終わったところのものは、捨てるか一時保管(できなければどれかと交換)
こんな感じで。雑貨は考えてても難しいのでとにかく手を動かしちゃいます

そうすると少しはすすむのでお勧めですよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COSMOS ーコスモスー , 2020 All Rights Reserved.