魅力的な女性になるための情報満載キュレーションサイト

~ゼロからの育児~ 育脳

 
この記事を書いている人 - WRITER -

いつか、結婚して、子どもを産む。殆どの女性は、一度は夢見ること。

その夢が現実となった時、母として、何も分からない、できない自分に気づき、戸惑いや不安を持つママ達もいらっしゃると思います。(私がそうでした^^;)

子どもを育てるって、とっても責任の重い大仕事です。人を育てる、ということですからね。そんな重責を自覚することもなく、母親になりたいと夢見る夢子だった母親失格の自分の反省を踏まえ、自分がゼロから子育てをするつもりで、子育てに役立ちそうな情報を発信していきたいと思っています。

今回は「育脳」にまつわる情報です。

 

「子供の才能は3才、7才、10才で決まる!」(著者 林茂之)

早期教育は年々激化し、ついに「0歳児教育」まで出現する現代。ですが、子どもの才能を伸ばすのに一番重要なのは脳の発達に合わせた教育をすること。年齢ごとに子どもの脳の発達段階は変わるが、それに合わせて子どもをしつけ、教育すると、子どもの才能は驚異的に伸びる!

『子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!』では年齢ごとにどのようにしつけ、教育すればいいのかを、著者の林成之さんが脳医学の知見からわかりやすく解説。

 

子どもの成長に合わせて、脳も発達させる

「情育」でご紹介しました心理学研究者 中塚 善次郎先生には、脳の発達段階からみた「心」の育て方を教えて頂きました。

その時、脳の発達に即した子育て論は、とても説得力がある、と感動しましたが、今回は、まさにそのものズバリ、「脳」の育て方について、脳医学者の林先生の子育て論についてご紹介します。

 

子どもの成長に合わせて、脳を育てる

[/imgshadow]

私は、脳の神経回路のベースがつくられる3~7歳の間は、脳にとって悪い習慣をやめ、よい習慣を身につけるという「脳の基礎づくり」にこそ注力すべきだと考えています。目先の成果にとらわれて、知識をつけさせたり、無理に難しい問題を解かせたりすることはあまり意味がありません。

悪い習慣をやめ、間引きをしっかりと行う。その上でよい習慣を身につけていけば、一生ものの「脳がしっかり働くしくみ」を手に入れたも同然なのですから、長期的な視野に立って育脳に取り組みたいところです。

7~10歳以降の脳は、間引きが完了し、脳神経細胞が樹状突起を発達させて神経回路をどんどん進化させていきます。大人と同様の脳になりますから、ここからはどんどん勉強してよい時期。判断力や記憶力も、急速に高まっていきます。

ただし、7~10歳以降は、同時に自己報酬神経群が発達していくタイミングでもあることに留意する必要があります。自己報酬神経群は、「自分がやってやろうと思ったことを成し遂げること」に喜びを感じるのでしたね。

このため7~10歳以降は、親が「○○しなさい」などと指示をすると非常に嫌がるようになります。先回りして指示されたときの「いまやろうと思っていたのに」という口答えは、子どもだけでなく大人もつい言ってしまいがちなものですが、これは自己報酬神経群の働きが止まると、脳の機能が落ちてしまうからなのです。

いつまで経っても“子ども扱い”を続け、「ああしなさい、こうしなさい」と指示していると、子どもはどんどんやる気をなくし、脳の機能を落としていきます。

親が先回りをやめ、子どもに「自分からやりたいと思い、自分で成し遂げる」という経験を積ませると、子どもは「あのうれしさをまた味わいたい」と思ってやる気を出し、脳がしっかり働くようになります。

「ああしなさい、こうしなさい」と指図するのではなく、子どもが自分から「ああしたい、こうしたい」と口にするようなコミュニケーションが育脳のカギなのです。

子どもの脳の発達過程を知ると、一足飛びに「頭がよい脳」「才能を発揮する脳」をつくることはできないということがよくわかると思います。子どもの成長に合わせて、その時期の脳が伸ばすべき力を知り、適切な目標を設定することが大切なのです。

(1) 0~3歳で、脳の本能を磨き、「心が伝わる脳」を育てる

(2) 3~7歳で、脳にとって悪い習慣をやめ、「勉強やスポーツができる脳」のベースを育てる

(3) 7~10歳で、自ら学ぶ「本当に頭がよい脳」を育てる

(4) 10歳以降は、よい習慣を存分に活かし、「才能を発揮する脳」を伸ばしていく

子どもの成長に合わせて、脳も発達させる
『子どもが自分から「ああしたい、こうしたい」と口にするようなコミュニケーションが育脳のカギなのです。』
この一文に親としての指針が凝縮されていると思いました。
子どもの発達段階に応じた適切な声掛け、会話のやり取りができれば、子どもは、子供の脳はスクスクと育ってくれるということですね。言葉のかけ方、会話の一つ一つを真剣にこどもに向けていかなければいけない、声のかけ方1つで子どもの方向が変わる可能性がある、きっとそこに、ママの裁量の違いが出るんでしょうね。願わくば、正しい声かけできるほうのママでありたいものです。

子どもの才能は後天的に伸びる

「育脳によって、子どもはすごい才能を発揮する」とお話しすると、「才能とは持って生まれたものなのではないか」と不思議に思う方がいるようです。

確かに、「生まれつきの才能」というものがあるのは間違いありません。しかし、才能は環境によって変化するものなのです。医学的には、持って生まれた遺伝子そのものが変わることはありませんが、遺伝子が働く際のプロセスや機能は、環境によって変わっていくことがわかっています。

子どもが秘めている才能は、科学的な理論にもとづいた育脳を行うことで開花させることができます。(中略)

たとえ時期が遅れたとしても、脳の機能がしっかり働くにはどのような習慣が必要かを知って実践すれば、年齢を問わず脳のパフォーマンスをアップさせることは可能です

 

人は持って生まれた遺伝子を全てONにしているわけではありません。遺伝子が働く際のプロセスや機能が環境によって変わっていくのは、どの遺伝子をONにしてあげれるかでその子の能力や行動が変わってくるからということなのですね。

この言いまわしが適当化はわかりませんが、その子の持っている遺伝子のなかで、できるだけ良い遺伝子のスイッチがONになるよう促すのが、親の役目なのだ、と思います。

 

まとめ

☆「レジリエンス」とは、やり場のない気持ちをうまく切り替える方法ややりすごす方法を身につけて、前を向いて進む力

☆子どもが「自分は少しずつ成長している」「失敗しても、また頑張れる」「周りにいる人は自分の味方だ」と思うことが、前を向く力につながる

[/topic

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© COSMOS ーコスモスー , 2020 All Rights Reserved.