魅力的な女性になるための情報満載キュレーションサイト

悩める女子の「劣等感」「トラウマ」から自由になれるヒント!!アドラー心理学って!?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

 

【1】原因ではなく目的!

「すべての結果には必ず原因がある」と考えると、

過去の原因によって運命は決まっているという決定論になり、
未来を変えることができなくなるとして、
原因ではなく、目的を考えます。

例えば、引きこもっている人がいるとき、
原因論では、不安という原因によって、外に出ないと考えます。

アドラー心理学の目的論では、
外に出たくないという目的によって、不安という感情を作り出している
と考えます。

 

【2】原因論、目的論の違いって!?

原因論では、

過去の災害や他人の言動などによる経験がトラウマとなって
現在苦しむと考えます。

目的論では、
今の目的にかなう経験を過去の記憶から探して、
トラウマにしていると考えます。

過去の経験は変えられませんが、今の目的は変えられますので、
この考え方によって、過去の経験や、環境、自分の感情にも縛られなくなります。

「人は過去に支配されず、何らかの目的があって、現在の状況をつくり出している」という目的論であり、原因論との違いです。

【3】「今持っているもの」から「これから」にシフトチェンジ!!

問題行動の目的を知らないまま、原因論のみで考えると「非建設的な行動を取り続ける」ということになりかねません。実際に、自分を変えられないまま、何年・何十年と時間が経過するケースはたくさんあります。

過去の経験は変えられませんが、今の目的は変えられますので、
この考え方によって、過去の経験や、環境、自分の感情にも縛られなくなります。

 

【4】受け入れる!!

自己肯定は、できもしないことでも暗示をかけて、「自分はできる」と言い聞かせることです。

一方の自己受容は、「できない自分」をも受け入れること。アドラー心理学では、自己肯定を否定して、自己受容しながら前に進むことを推奨しています。

https://cakes.mu/posts/4956

 

【5】変わる!!

人間が変われないのは、

過去のできごとや環境、性格などではなく、
今のままのほうが楽であり、変わるのは不安だからだといいます。

「これまでの人生に何があったとしても、これからの生き方に何の影響もない」
「幸せになる勇気を持って、ライフスタイルを選び直しなさい」

 

 

【6】今を生きる!

あなたの人生に対して、他人に責任を負わせてはいけません。同様に、過去の自分も他人です。「あのとき決めたから」というのも、過去の自分に責任を負わせて逃げる、「人生の嘘」です。過去は現在を縛るものではないのです。

同様に、未来で現在を縛るのもいけません。「いつか本気を出す」と、決断を先のばしにする人がいます。この人は「決断したくない」という目的を隠しているのです。

自分で引き受ける覚悟を持つのです。後になって間違いに気づいたら、進路変更すればいいだけの話です。大事なのは、責任転嫁しないということです。

あなたも私も「今、ここ」を真剣に、全力で生きるべきなのです。

まとめ

隠された目的を直視して、「人生の嘘」を振り払い、勇気を持って責任を引き受け、ヨコの人間関係において周囲に働きかける。そうすれば、あなたも世界も、すべてがシンプルになる。アドラーは私たちにそう教えているのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COSMOS ーコスモスー , 2020 All Rights Reserved.