魅力的な女性になるための情報満載キュレーションサイト

体の関係から卒業して、彼女になる方法!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

【1】誘いにのらない

体だけの関係ということは、セックスが目的で会うことになります。
会うたびにセックスをしていては、いつまでたっても体だけの関係は終わらないでしょう。

そこで、会ったとしても誘いに乗らないようにします。
相手は「どうしてかな」と考えるでしょう。

もし、断ったことで誘ってこない場合は、それだけの関係だったと言うことです。
これだけで相手が主導の都合のいい女からは脱却できます。
このように、男性に主導権を握らさないようにしていきましょう。

 

【2】関係性をはっきりさせる

曖昧な関係なのが体だけの関係。
そのため、その当たりの関係性を明確にしてもらいます。

本命の彼女がいるのか、友達として合っているのかを聞いて見ます。
今まで、はっきりさせてこなかったのでぼんやりとした関係のまま続いているのです。

それならば、一度はっきりと考えを聞いて見るのが良いでしょう。
そして、彼女がいると言われたら、彼女と別れないセックスはしないと伝えましょう。

【3】 身体のリスクを考える

体だけの関係のまま続けるリスクを考えてみましょう。
もし、妊娠したら彼は責任を取ってくれますか。
もし、病気に感染したら彼はどうすると思いますか。

それらを冷静に考えると体だけの関係はデメリットが多いことに気付きませんか。
さらに、好きな人が出来たとします。

その人と深い関係になったあと妊娠が発覚したとしたら、はっきり彼の子供だと伝えることが出来るでしょうか。
それらを踏まえて体だけの関係を続けるかどうか良く考えましょう。

【4】 自分から連絡を取るときは細心の注意を

男性に甘えたくなるのが女性です。

体の関係をもった相手には心も許してしまいがち。

だから、彼に連絡をとりたくなるでしょう。

連絡はしてもいいです。

しかし、この連絡の取り方であなたの立ち位置が決まります。

ひたすら「かまってほしい」といった連絡の取り方はNGです。

連絡をとるときは、自分が魅力的な女性であることをさりげなくアピールできる方法でとっていきましょう。

【5】 甘やかすことと突き放すことを繰り返す

 

 

女性に甘えられる特権は彼氏にのみ許されたものです。

付き合う前の彼が甘えてきても許さない、こうすることで境目をはっきりさせることができます。

しかし、ここで「あえて甘やかすこと」で彼の弱みを握ります。

仕事の弱音を聞くのは友達でもできることなので、断る必要はありません。

しかし、「癒してほしい、会いたい」と言われたら「予定が合ったらね」と軽くかわします。

飴と鞭を心得ておきましょう。

話をきくことは友達でもできます。

しかし、癒しを求めていいのは彼氏だけ。

あなたは彼を癒す必要はありません。

彼氏になったら癒してあげましょう。

 

【6】付き合うかどうか、決めさせる

私たち、もう会うのはやめましょう」と彼に伝えましょう。お相手は、当然びっくりすると思います。理由も聞かれるはず。

そうしたら「このまま会い続けると、私はあなたの彼女になりたくなるから……」と「好きだからつらい。だから会うのをやめる」と伝えること。そして、それ以降は「付き合いたい」という話が出るまでは会ったり、体の関係を持ったりしてはいけません。彼に喪失感を感じさせないと、関係を進展させようという気に相手がならないからです。

まとめ

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COSMOS ーコスモスー , 2020 All Rights Reserved.