魅力的な女性になるための情報満載キュレーションサイト

好かれる女子は「グレイトプレゼンター」!?愛され女子に共通する話し方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

 

【1】愛され女子に共通していることって!?

職場でも、プライベートでも、「感じのいい人だな」とか「あの人にお願いしたいな」と思える人っていますよね。そんな人達に共通するのは、実は話し方。

印象よく見せるために、何か努力していることはありますか?身だしなみに気遣って、だらしない格好にならないようにしたり、立ち振る舞いに細心の注意を払って配慮のない人と思われないようにしたり……。でも印象を良くするには、「見える部分を配慮するだけではなく話し方も重要な要素」と話すのは、和田裕美さん。

和田さんは、外資系教育会社の営業でお客様の98%から契約を獲得。世界142カ国中、第2位の成績を収め、20代で女性初の支社長となった輝かしいキャリアを持つ女性です。

 

【2】和田さんの極意って!?

人に好かれる話し方の最初のステップは、明るくて雰囲気の良い空気づくりをすることです

。楽しいと思っている人には明るく穏やかな空気が流れ、イライラしている人にはピリッと張り詰めた空気が漂うもの。この空気が、言葉を交わす前に人の気持ちにも影響します。明るい空気は良い印象を、ピリッとした空気は嫌な印象を与えてしまうんです

【3】どうやっていい雰囲気を作ればいいの?

楽しい、幸せ、と心から思うことです。ワクワクしている人の空気は、相手もワクワクさせるんです。

でも、常にハッピーではいられないのも事実。そんなときのために、物事をプラスの面で見る訓練が必要です。

楽しいと思っている人には明るく穏やかな空気が流れ、イライラしている人にはピリッと張り詰めた空気が漂うもの。この空気が、言葉を交わす前に人の気持ちにも影響します。明るい空気は良い印象を、ピリッとした空気は嫌な印象を与えてしまうんです

【4】どうやっていい雰囲気を作ればいいの?

楽しい、幸せ、と心から思うことです。ワクワクしている人の空気は、相手もワクワクさせるんです。

でも、常にハッピーではいられないのも事実。そんなときのために、物事をプラスの面で見る訓練が必要です。

楽しい、幸せ、と心から思うことです。ワクワクしている人の空気は、相手もワクワクさせるんです。

でも、常にハッピーではいられないのも事実。そんなときのために、物事をプラスの面で見る訓練が必要です。

話が脱線する人には、リズムを変えていく必要があります。脱線していることに気づいたら、『ところで』、『そういえば』、『思い出したのですが』といった言葉で、話に変化を加えること。思い出したかのように急に相槌をいれて、リズムを変えていくとよいでしょう。

会話が弾まない人、すぐに途切れてしまう人は、言葉をチェーン上に繋げていくということを心がけて。会話には話に沿った順番も必要

例えば、スキーに行ったという話になったとします。『日曜日にスキーに行った』と言われたら、もっと情報を得るために『どちらに行かれたのですか?』と場所の質問を返しましょう。すると『苗場です』という答えが返ってくるはず。次は交通手段やかかった時間などの質問をして、『スキーに行った』という言葉から、場所→手段→かかった時間……と、どんどんチェーンのごとくつなげていくのです。そして、最後は相手に同意して『それはいいですね。ぜひ今度ご一緒させてください』と共感しましょう。最初から共感してしまうと、『調子いいやつだな』と思われるか、盛り上がりもないまま話が終わってしまいますので気をつけて

ボキャブラリーの多さも会話を盛り上げる方法のひとつ。
「ボキャブラリーを増やすには、まず文字を読むこと。ボキャブラリーはあるけど、使い方が下手な人や表現が下手な人は、小説やエッセイを読むことをおすすめします」

人に好かれる話し方には、声も大きく関係してくるとのこと。相手をイライラさせたり、つまらないと思わせてしまう人は、声で損をしていることも多いようです。

ボイスレコーダーでも、携帯電話などの留守番電話の録音メッセージでもいいので、自分の声を録音して聞いてみてください。自分の話し方はどんな声で、どんなリズムで、聞き取りやすいのかどうか。自分で感じて知ることが大切です

話をするなら説得力を持たせたいもの。和田さんによると、説得力のある話し方には2つの条件があるようです。
その1:ロジカルに話すこと
その2:体を使って表現すること

『事実は◯◯で、中身は◯◯で、問題は◯◯で、◯◯をすれば◯◯のようになるので解決できます』のような論理的な話し方です。ただし、専門用語を使って知識をひけらかすような話し方はNGです。

 

【5】他の人の参考意見 

言い訳をしない

言い訳をする人は、周囲からバカにされたくない、笑われたくないという気持ちが強いために、失敗の原因を他人のせいにしたり、ほかの人も同じようなことをしていると主張したりします。
セルフハンディキャッピングは、自分を守るために誰もが行っている行為ですが、くどくなると、失敗そのものよりもその人の評価を下げてしまいます。

https://re-sta.jp/how-people-like-to-talk-7106

決めつけをしない

「~だ」という断定口調は、権威に弱くて思い込みの激しい人に多いクセです。

自分の中に豊富な判断材料がある人は、多面的に物事をとらえることができるので、断定口調は使いません。

一方、判断材料が少ない人は、物事を善悪、白黒というように二面的にとらえる傾向があるので、十分な根拠がないのに決めつけてしまい、これが押しつけがましい印象を与えてしまいます。

判断材料が少ないときほど、謙虚な姿勢を示すべきです。

まとめ

言葉は、人を幸せにも、不幸にします。周りの人も自分自身も幸せになるような話し方で、仕事も人間関係も上手に築いていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛コラムライターのyukiです。 普段は会社員ですが、日常のちょっとしたことや女性ならではの視点を大切に、 自分の経験や女子会で得た恋バナの情報をまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COSMOS ーコスモスー , 2020 All Rights Reserved.